技術ブログ

MacでMission Plannerを起動する方法

修正履歴

2019.04.11 初版

注意事項

起動はするが動かない機能がある、GUIの描画がおかしいのでちょっとした用途に止めておくと良いかと思います。

事前準備

・Mac OS X 10.13.6

手順

  • monoのインストーラをここからダウンロードしてインストール
  • ターミナルを開いて下記のコマンドでmonoコマンドが使えることを確認(※筆者は下記の出力)
$ mono -V
Mono JIT compiler version 5.16.1.0 (2018-06/a76b50e5faa Thu Mar 14 15:41:21 PDT 2019)
Copyright (C) 2002-2014 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
TLS: normal
SIGSEGV: altstack
Notification: kqueue
Architecture: amd64
Disabled: none
Misc: softdebug
Interpreter: yes
LLVM: yes(3.6.0svn-mono-release_60/0b3cb8ac12c)
GC: sgen (concurrent by default)
  • Mission Plannerのzipファイルをここからダウンロードし任意のフォルダに解凍、ここではホームディレクトリ直下に解凍されているという想定(※執筆時最新1.3.64)
  • 下記のコマンドでMission Plannerを起動、初回起動時は遅いですが、2回目以降は普通に起動します
$ cd MissionPlanner-latest
$ mono32 MissionPlanner.exe

シミュレータでのテストですが、接続してパラメータ書き換えたり、アームしたり、ミッション書き込んで自動航行はできました。ミッション書き込み時にエラーが出ましたらが、Mission Planner、シミュレータ再起動したら書き込めました。

Mission Planner on Mac

フィードバック大歓迎です。

筆者 TAP-J 川村

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です